一生の思い出に【結婚写真などの撮影にこだわる】

多様化するスタイル

形やデザイン

最近は、結婚式のスタイルも多様化しています。ホテルや専門式場で式を行うスタイルは勿論の事、海辺で挙式を行ったり、レストランで行ったりする事も多いです。 それと同様に、ウェディングドレスのデザインも多様化しています。一昔前までは、Aライン、マーメイドライン、プリンセスライン、エンパイアラインといった形が主流でした。しかし、近年では、足首のあたりまでしかスカートが無いアンクル丈のウェディングドレスや、膝上スカートのミニ丈ウェディングドレスも人気が高いです。 その他にも、和布やチリメンを使用した和ドレスも人気があります。和装の時に、新郎は袴姿で、新婦は和ドレスで登場するというパターンも人気です。また、和に拘った会場レイアウトをしている場合には、カクテルドレスで和ドレスを選ぶ方もいらっしゃいます。 このようにデザインも形も様々な種類が存在しています。ですから、結婚式のイメージや自身の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

商品を選び出す

多様化しているウェディングドレスのデザインは、プロのデザイナーがデザインしている場合が殆どです。 有名ブランドでは、人気ドレスを多く生み出してきたデザイナーが所属しています。そうした企業から出されるウェディングドレスは、人気が高く、レンタル費用も高額になる事もあります。 最近では、芸能人もウェディングドレスのデザインを手がけたり、プロデュースしている事もあります。手がけている本人がモデルとして着用して、宣伝している事も多く、人気の高いドレスの一つです。 このように、様々なデザインが出ている中で、自分にピッタリのドレスを選ぶことは至難の技です。そこで重要となってくるのは、レンタルショップの店員さんです。 自分が着用したいウェディングドレスのイメージを伝えると、その希望と体型を考慮して、似合う商品をチョイスしてくれます。ですから、素敵なドレスに出会えるかどうかは、担当してもらっている店員さんの腕も重要なのです。

Copyright© 2015 一生の思い出に【結婚写真などの撮影にこだわる】 All Rights Reserved.